プロ目線で解説!ソフトボードの楽しみ方。

プロサーファー 大澤伸幸×脇 祐二

ソフトボードの魅力をクロストーク

新島トリップに持参した5本をプロ目線で徹底解説!

ソフトボードを持参した新島トリップの様子はコチラ

ソフトボード左から
①ウォーターランページ
日本屈指のサーフボードファクトリー「マスターワークス」と、ボディボード・シェイパー中津川賢が考案。本格派の乗り心地を実現。55,000円/ソエダサーフボードジャパン

②ソフテック
オーストラリア発のスポンジボード。最新デザインにインスパイアされた独自のフォルムが特徴。持参したのは「ミステリーボックス」。48,000円/サーフハードウエア

③ワエバ  ハワイ
プロサーファー田嶋鉄兵が中心となり、ハワイで誕生したボードブランド。あらゆるレベルの人が多くの波を捉えられるように設計。48,600 円/マニューバーライン

④キャッチサーフ
カラニ・ロブほか豪華ライダーを率いる人気ブランド。クアッドからシングルフィンまで、長さ、デザインともに豊富に展開。55,000円/キヨモ

⑤シューツ
チャンネルボトムの効果でフィンレスでもサーフが可能。小波でも心地良い走り。今回は6フィートのトライフィンを持参。44,000円/ビーチカルチャー

ソフトボードを実際に試してみてどうでしたか?

 先入観にとらわれていたことを実感しました。波をキャッチしやすいソフトボードは、サーフスクールで使用するイメージが強く、技をするためのボードではないと思っていたけど、普通にカービングも楽しめましたからね。

大澤 最初は普段乗っているサーフボードと感覚が違いすぎて、難しかったけど、何度かトライするうちにPUボードと同じように扱えるようになりました。

 深いボトムターンしてたよね。

大澤 祐史さんもスプレー飛ばしてたじゃないですか(笑)

 長さもデザインも違うボードだったけど、それぞれに魅力があって面白かったです。キャッチサーフは長さが7フィートだったんですが、ロングボード並みの早さ。

大澤 ワエバの8フィートも船のような安定感。テイクオフがかなり速いので、パドルに自信のない人にもぴったりだと思います。

 今回持参したウォーターランページのスペースフィッシュというモデルは、ショートボードの乗り心地にかなり近かったよね。

大澤 そうですね。幅広のフィッシュでクアッド、しかもソフトボードだからどんな乗り心地かなと思っていましたが、波もキャッチしやすく加速性も十分。シューツのボードも、クイックな動きができました。

 ソフテックのクアッドは、ビジュアルからして興味津々。

大澤 最初はレールを入れるのがちょっと難しかったですが、コツを掴めば楽しめますね。

 

浮力抜群で厚みのあるソフトボードは、そもそも波にしっかりレールが入らないんじゃないかと思っていました。

大澤 そんなことないですよ。ただ、少しの荷重でボードが反応してしまうので、的確な位置をキープすることは大切かもしれません。

 そういえば、スポンジ素材のハンドプレーンも楽しかったな。

大澤 サーフボードに乗せてパドルアウトして、思い切りジャンプしてましたよね(笑)

 ソフトボードは柔らかいマテリアルを使っているから、怪我をする心配も少ないし、いろんな遊び方ができるのもいいね。

大澤 テイクオフが格段に速いので、余裕を持って次のアクションの準備ができるのも魅力。普段のボードでは成功できないテクニックも、ソフトボードで練習するといいかもしれません。

 小波の湘南にも1本あれば楽しめそうだね。

大澤 ですね。帰ったら買いに行こうかな(笑)


写真/高橋賢勇 取材・文/菅明美