東京2020よりハイレベル??今年のISAワールドサーフィンゲームス出場のCT選手が発表。


国際サーフィン連盟(ISA)は今年の9月7日〜15日の日程で宮崎県・木崎浜で行われるISAワールドサーフィンゲームスに出場するWSL CT選手が発表された。

これは各国における現在のCTランキングの上位選手の中で男、女とも最大3名が指名されており、病気や怪我などがない限り出場の義務がある。

この大会はオリンピック選考に向けた重要な戦いと位置付けられており、熾烈なバトルが展開されることになる。

東京五輪までの選考で重要な位置付けは以下の通り
1.2019年CT最終ランキング(男子TOP10、女子TOP8、但し各国最大男女2名づつ)
2.2020年ISAワールドサーフィンゲームス(日時場所は未定)
3.2019年ISAワールドサーフィンゲームス(宮崎・木崎浜)
4.2019年パンアメリカン

各国のCTサーファーの2019年WSG参加選手
アメリカ
男子:ジョン・ジョン・フローレンス、コロヘ・アンディーノ、コナー・コフィン
女子:キャロライン・マークス、カリッサ・ムーア、コートニー・コンローグ

オーストラリア
男子:ジュリアン・ウィルソン、オーウェン・ライト、ライアン・カリナン
女子:ステファニー・ギルモア、サリー・フィッツギボンズ、ニッキ・ヴァン・ダイク

ブラジル
男子:イタロ・フェレイラ、フィリッペ・トレド、ガブリエル・メディーナ
女子:タティアナ・ウェストンウェッブ、シルバナ・リマ

南アフリカ
男子:ジョーディ・スミス

フランス
男子:ジェレミー・フローレス、ミシェル・ボウレズ、ジョアン・ドゥル
女子:ジョアン・ディフェイ

イタリア
男子:レオナルド・フィオラバンティ

ニュージランド
男子:リカルド・クリスティ
女子:ペイジ・ハーブ

コスタリカ
女子:ブリッサ・ヘネシー

我らが波乗りジャパンは既に男子、五十嵐カノア(CT)、村上舜、大原洋人、女子、松田詩野、前田マヒナ、脇田紗良の6名の派遣が決定している。
実際のオリンピックでは各国の枠は男女、それぞれ最大2枠なので木崎浜で行われるWSGは、東京2020と同等以上の熾烈な戦いが繰り広げられる可能性も?? 例えばブラジルを例に出すと、イタロ、フィリッペ、ガブリエルの3名が今回は参戦予定だが、東京2020では最大で2名しか出られない。そのため今回の様にここまで豪華なサーファーが一同に会すことはない。やはりアメリカ、オーストラリア、ブラジルなどのサーフィン強国は代表争いが特に熾烈。どんな戦いが木崎浜で繰り広げられるのか…今から期待せずにはいられない。

6月10日発売サーフィンライフでは過熱し始めた東京オリンピックへの出場権争いについても掲載している。ぜひ、こちらも合わせてご覧ください。

ISAオフィシャルサイト