海を愛するガールフレンドたち #6

いい波に乗れたとき、そうでもなかったとき、とろける夕日を見たとき、帰りの車で渋滞にハマったとき。隣で笑ってくれるガールフレンドがいたら、もっと最高じゃない?サーフィンライフは見つけました。今年、海で出会いたい9人の美女。彼女たちを見かけたら、波乗りの調子が狂っちゃうかも?


内田果純 学生

撮影をした東京の街中で、彼女はどこか存在が浮いていた。「新宿って駅の外は怖いですよね」と呟く。その付近の大学に通うものの、夜遊びすることはほぼない。高校生の頃から都会より自然のほうが好きで、時間が空けば海へと向かった。そこで知ったのは、原色じゃない曖昧な色や、肌を撫でる潮風の心地良さ。「いつか、海で感じたリラックスできる要素を取り入れた、自分の洋服ブランドを持ちたい」。現在、ファッションビジネス学を大学で専攻しながら、夢に向かって一歩ずつ歩んでいる。これからも、彼女が都会の色に染まることは絶対にない。

一番好きなビーチは?

伊豆の入田浜。幼い頃、よく家族で過ごしていた。

サーフィンをやったことはある?

ハワイのローカルなビーチで挑戦したことがあります。

今年はどんな水着が着たい?

柄のある水着がいいかな。ワンピースよりビキニが好き。

日本のサーファーはどんな印象?

友好的かな。その反面、仲間同士のコミュニティ力が強すぎて入っていけない感も……。


海を愛するガールフレンドたち#1
海を愛するガールフレンドたち#2
海を愛するガールフレンドたち#3
海を愛するガールフレンドたち#4
海を愛するガールフレンドたち#5

写真/Kazuhiro Joy Kimura 編集/宮原友紀