テイクオフ「厚い波、掘れた波」

厚い波と掘れた波ではあらゆるスピードが変わる

沖からのうねりが急激に浅くなった海底にヒットすると、速い掘れた波になる。深いまま、なだらかに傾斜が岸まで繋がる地形では、ゆっくりとした厚い波がブレイクする。どちらの波に対しても、ピークから波が崩れる瞬間にテイクオフをすることは同じだが、タイミングや崩れ方に違いが生じるため、それぞれの波に合わせた対応が必要だ。サーフィンにおいて最重要といっても過言ではないスピードの獲得には、テイクオフからの初速が肝心。波別の具体的なアプローチ方法は以下の通りシンプルなもの。これらを意識したうえで状況に応じて組み合わせれば、大体の波でスピーディなテイクオフをメイクすることができるに違いない。


厚い波の特徴

ゆるやかにブレイクしていく波の斜面はなだらかで、常に波に力のある場所をキープしていないとと失速してしまうので注意しよう。
厚い波 特徴

厚い波のポイント

1.波が割れるまで立ち上がらない

「あえてテイクオフを遅らせ、リップと一緒に落ちていくようにします。早く立ち過ぎても波がブレイクしないので加速しづらいからです」。山中プロは厚い波で初速のあるテイクオフをするコツをこう話す。そのためには、波に押され始めたら、すぐに立ち上がらず、前腕を伸ばした状態でしばらく滑ると、安定したままスピードをキープしやすい。厚い波ではゆっくりと、波が崩れるまで待った方がスピーディなライディングにつながっていく。

2.岸に向かって滑ることを意識する

厚くてスローなブレイクにタイミングを合わせるには、まっすぐ岸に向かってテイクオフし、そのまま波を滑り降りていけばスピードをロスしない。「ショルダーが厚い波、ブレイクが遅い波に対して有効です。スープの部分に“へばりつく”ようにして掘れてくるのを待ちます。波に捕まってしまうリスクもあることを頭に入れてターンのタイミングを計りましょう」と話す小林プロ。この場合も、ピークからテイクオフすることは忘れずに。


掘れた波の特徴

ブレイクが速いため、もたもたしていると乗り遅れたり、パーリングをしてしまう。とにかく早めに立ち上がることを心掛けよう。ブレイク

掘れた波のポイント

1.向ける視線は波ではなく進行方向へ

「波が速いので、ピークから一瞬で斜めにテイクオフをし、すぐにレールをセットして加速するようにします。その動きをリードするのが視線です。進行方向を見てあげれば、立った瞬間から波のスピードについていけます」。小林プロは、掘れた波でのテイクオフにおける視線の重要性を説く。波を見てしまうと、その一瞬のロスで波に捕まったり、巻き上げられてしまう。進む方向の遠くを見ながら、必ずメイクできるイメージで立ち上がろう。

2.より胸を反らしてパドリングする
胸を反らしてパドリング
山中プロが掘れた波で特に意識しているポイントがこれ。「掘れた波では、とにかく早くテイクオフしたいので前に体重をかけたい。けれどもパーリングしないように、胸を反らせて後方にも重心を残すことが大切。胸を反らすことは、いち早く立つ動作にも繋がり、そうして波が切り立つ瞬間に、フリーフォールのような状態で素早くテイクオフします」。掘れた波では、テイクオフのタイミングは一瞬だということを忘れずに覚えておきたい。


過去記事【テイクオフ編】
テイクオフ「バックサイドとフロントサイド」

写真/高橋賢勇 取材・文/高橋淳 取材協力/ケンティンサーフショップ