スタンス「ショートボード3つのコツ」

ショートボードのスタンスは基本的に2パターン。前足はパドリング時にみぞおちがついていた場所で固定。後ろ足はテイクオフ直後の加速時はサイドフィンの上あたり、アクション時はバックフィンの上に移動させるのがセオリーだ。もうひとつ気にしたいのは足の角度。ストリンガーが12時方向だとしたら、レギュラースタンスの場合、前足は13〜14時くらい、後ろ足は14時〜15時くらいの位置に合わせよう。これは基本的にどんなボードにも当てはまる。前回のおさらいはこちらから→スタンス「足を置くべき場所を知る」

ショートボードの基本スタンス ~小林直海 流~


加速しやすいスタンス

ショートボードのスタンス
「僕のスタンスは少し狭めなのですが歩幅は肩幅強くらい。後ろ足は親指がサイドフィンの前方を越えるあたりで、比較的に前寄りです。前足はパドリングの際に胸をついていたところ。ボードの真ん中より若干後ろです」

ショートボードのスタンス
後ろ足の位置は多少の個人差はあるが、サイドフィンの上あたりにくることは間違いない。前足は小林プロのいう通り、パドルの際に胸がついていた位置にある。加速が必要なテイクオフ直後は、前方に加重しやすいこのスタンスだ。

 

アクション時のスタンス

ショートボードのスタンス
「鋭いオフザリップなどのアクションを行う際には、後ろ足をバックフィンの前方あたりに持っていきます。そうすることで、より後ろ足でサーフボードをコントロールすることができ、急激な方向転換が可能になります」

ショートボードのスタンス
深いボトムターンから繰り出すバーティカルなオフザリップは、ショートボードならではの楽しみ。より鋭いアクションを求める際には、後ろ足をテールエンドのギリギリ、デッキパッドのキックまで下げることもあるという。

 

スタンスをキメる3つのコツ


1.立つときは後ろ足を意識する

ショートボードのスタンス
テイクオフのとき、波に乗ろうと気持ちと体が前のめりになってしまい、足を本来の位置より前方に置いているサーファーがいる。しかし立ち上がった際にスタンスをキメるために、後ろ足はテールに残すようなイメージを忘れないようにしたい。

2.前膝は胸で抱え込むように

ショートボードのスタンス
前足は、立ち上がるというよりも、胸に膝を素早く引きつけるように心掛ける。そうすれば、パドリング時に重心を取っていたみぞおちあたりの位置へ、前足をスムーズに移すことができる。適度に膝を曲げた状態をキープすることも大切だ。

3.ステップバックはボトムターンの直前で

アクションの前に後ろ足を下げる“ステップバック”のタイミングは、波のボトムに降りきってからターンに入るとき。下の動画でいうと、1枚目から2枚目に移行するタイミングだ。すり足で、素早く行うようにしよう。

 

立ち位置の目安にデッキパッドを使う


足を置く位置がわからない人は、目安となるデッキパッドがオススメです。後ろ足用のテールデッキはキックがあるから正しい位置に置きやすく、前足用のフロントデッキは、スタンドアップする際に目に入るので、足を置く場所がわかりやすいんです。それに、ワックスだとどれだけしっかり塗っても足がズレてしまうときがあります。エアで着地するときは必ずといっていいほどですが、フロントデッキを貼っておくと、足がズレても完全にボードから外れず、リカバリーできるんです。その安定感は、きっとテイクオフのときにも役立つと思います」

村田嵐

村田嵐
村田 嵐 むらたあらし● 2002年、三重県生まれ。玄人好みのしっかりとしたレールワークと、モダンなマニューバーを融合させたサーフィンが魅力の次世代を担う若手プロサーファー。

 

次回はミッドレングスのスタンスについて解説していきます!

写真/高橋賢勇 取材・文/高橋 淳 取材協力/ケンティンサーフショップ
[2018年9月号掲載の記事を再構成]