テイクオフで波のボトムへ!そのあとは?ボトムターンがうまくいくコツ3つ

波のトップにあるパワーゾーンから滑り降りることで加速。その次にするべきアクションは、波がボトムから巻き上がっていく力を利用して再びトップに駆け上がることだ。ボトムターンを成功させるコツ3つをご紹介!

小林直海プロ

ポイント1

体勢を低く、前足に体重を掛け、波側にサーフボードを傾けていく

テイクオフから前方に荷重しつつ、目線を送っていたボトムへたどり着く直前に波側のレールを立ててあげると、波を降りていくサーフボードは弧を描きながら進む方向を変えて走っていく。このときのコツについて、小林プロが次の言葉をくれた。「ボトムターンでの加速も大切ですが、ボトムターンに入るまでにどれだけスピードをつけられるかが大事です。そうしてスピードを生かしてサーフボードを波側へ傾けていきます。フロントサイドならつま先の方へ荷重してサーフボードを傾ければ、自然とターンが始まります」

小林直海プロテイクオフから波側のレールを入れて滑り降りる。つま先とともに波側に膝が入っている。

 

ポイント2

波側のレールを立てて腰をひねり、サーフボードを波のトップに向ける

「フロントサイドの場合、波側のレールを立てた状態のまま、前足側の腰を波側へひねります。またこのとき前膝を波側に入れ込んであげると腰をスムーズにひねることができ、かつ重心移動も行われます」と加藤プロ。この膝の動きをともなう腰のひねりができると、身体を傾けただけよりも鋭角で素早いターンができるようになる。この動きに入るときの重心は、両足に等しく乗るくらいのバランスだ。

小林直海プロつま先へさらに体重を掛けながらサーフボードを波側に傾け、前膝もより波側に入れることにより腰がひねられターンに角度がついていく。

ポイント3

腰のひねりで動きをリードをし、後ろ足でテールを押し込み加速する

ボトムターンの後半では波のトップに上がることを意識しよう。動きとしては、まず前足側の腰を波側へひねりながら後ろ足でサーフボードを踏み込む。次に、サーフボードの向きが変わっていく動きのなかで、より高くトップへ登るために抜重を行う。この一連の動きができるとサーフボードは波のトップへ上がっていく。そして小林プロは、波のトップではすでに、ふたたび波を滑り降りる準備ができている必要があるという。「膝を落としてボトムで得た波のパワーを解放すれば、波が起き上がる力と合わさってグンっとターンが伸びていきます」

小林直海プロ後ろ足の踏み込みによって、波が巻き上がる力を受けてターンは伸びていく。


写真/高橋賢勇 取材・文/高橋 淳 ライダー/小林直海プロ
[サーフィンライフ2018年11月号掲載記事を再構成]